素晴らしき秋音のしらべ

今回は少し視点を変えて。

最近めっきり朝夕が過ごしやすくなってきた。

最も好きな秋を感じられるようになった気がする。

ふと、耳を澄ますとどこからともなく素晴らしいオーケストラのハーモニーが聞こえてくる

といっても、それは秋の虫たちの鳴き声なのだが。

夏に短い命を燃やして鳴いている

セミには悪いが、比べ物にならないほど

それは心地よい。

なんでも、あの鳴き声は羽をこすり合わせて特殊な膜で増強して出しているとか。

さながらヴァイオリンのようだ。

それについて少し調べてみると

コオロギだと、自分の存在を相手に知らせる「本鳴き」

雌を誘うための「誘い鳴き」

他の雄が近づいた時の「争い鳴き」等あるそうで

これらを巧みに組み合わせてコミニケーションしているらしい。

ちょっと気になるのだが虫も良い声の方がもてるのだろうか?

ちなみに、鳴き声を聞くための耳は前脚のすねの部分にあるそうだ。

ここでいろいろな虫の声を聞くことができます。↓↓
虫の音WORLD

"素晴らしき秋音のしらべ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント